賃貸マンションで多い入居者間のトラブル

賃貸マンションで生活をしているとしばしば経験するのが入居者間のトラブルです。最も多いのは騒音であり、隣の部屋で大きな音で音楽を聞いていてうるさかったり、上の階の人がドタバタとしていて振動にも悩まされたりすることがあります。また、異臭騒ぎなどが起こることもないわけではありません。このようなトラブルに見舞われないためには入居者の質を知った上で賃貸マンションを選ぶことが大切です。入居者についての情報を得るためには何をしたら良いのでしょうか。

下見で理解する入居者のマナー

マナーが良い人が揃っていればそれほどトラブルが起こる心配はないでしょう。入居者のマナーを理解するために役立つのがマンションの下見です。部屋の中を見ることはできませんが、共有設備について確認することは可能です。ゴミの集積場がきれいになっているかをゴミの日に見てみるとマナーがわかります。また、駐輪場や駐車場、郵便ポストが乱雑になっていないかも確認しておくと良いでしょう。オーナーの管理体制もよく分かるので重要な下見の確認事項です。

不動産会社への相談も大切

不動産会社に入居者のマナーについて聞いてみるのも良い方法です。個人情報なので入居者の詳細について情報を開示してくれることはありませんが、隣人の職業や性別程度までなら教えてくれることはよくあります。学生、医者、フリーターといった一般的な社会人とは違うリズムで生活していることが多い人たちの場合には、その生活リズムを考慮して支障はないかと考えてみましょう。赤ちゃんの有無なども聞ける場合があるので騒音トラブル防止のための参考になります。

北海道で賃貸物件探すなら、旭川市の賃貸から見つけましょう。駅チカ物件に利便性の高い物件が豊富にあります。