賃貸生活にかかる毎月の費用

賃貸生活をするために物件探しをしていると家賃の高さで住む物件を絞り込むことがよくあります。しかし、毎月の費用としてかかるのは家賃だけではないことに注意が必要です。最も代表的な毎月の費用として管理費あるいは共益費があります。家賃は安くても管理費が高い物件もあるので、合わせた金額を考えるようにしましょう。特に会社などから住居手当が出る場合には管理費や共益費は別扱いになりやすいので注意がさらに必要エス。

水道光熱費の課金の仕方に注意

賃貸マンションで生活することを選んだときには水道光熱費の課金システムについてもよく理解する必要があります。電気代やガス代は各部屋で記録されていて、個々の使用量に応じて請求されるのが一般的です。自分で電気会社やガス会社と契約して料金を支払うことになります。しかし、水道代についてはマンション全体で一括して支払っている場合がしばしばあります。定額になっていて高めの料金になっている賃貸マンションもあるので注意しましょう。

設備によって違う毎月の費用

安く住めるマンションを探そうと努力していると洗濯機が置けない物件を選ぶ場合もあります。そのときにはコインランドリーを使うことになるのでその費用も毎月どの程度かかるのかを考慮しなければなりません。また、設備として取り付けられているエアコンが古いと電気代がかさみがちになるといったように、備え付けられている設備の省エネ性は注意が必要です。冷暖房設備は特に消費電力が大きいので家賃と同じレベルで注意しておくと良いでしょう。

札幌の賃貸マンションをすぐに選びたい時には、物件の耐久性やデザイン性などにこだわることが効果的です。