現状の問題の把握と解決策

企業として成長していく過程ではオフィスを一新する必要がしばしば生じます。新しくオフィススペースを賃貸しようとするときには現状の問題の把握をすることから始めましょう。事業を拡大するのに障害になっている点や、作業効率を低下させている点を明確にして、その解決策として新しいオフィスを探すことになります。理想的なオフィスレイアウトを作るのに必要なスペースや部屋の配置を考えて賃貸するオフィススペースを探すのが重要な視点の一つです。

立地によるアクセス性と信頼性

オフィスを賃貸するときに重要なのが立地です。社員のアクセス性だけでなく、取引先からもアクセスがしやすい点は取引先の拡大に大きな影響を及ぼします。もともと取引がある企業と関係を密にしたいと考えたら互いのアクセス性を高めることも重要です。一方、企業としてまだ小さいときには都心部に本社があることで信頼性が高い企業として認めてもらえる可能性が高まります。賃料は高くなるものの、信頼を勝ち取れていないという不安があるときには都心部を選ぶのも良いでしょう。

居抜き物件で初期費用の軽減

オフィス物件を賃貸するには大きな費用がかかりますが、オフィスとして整えるにはさらに莫大な費用がかかるのが一般的です。初期費用を削減する方法として居抜き物件の賃貸を考えてみるのも良い方法でしょう。格安で一通りのオフィス家具などを揃えられ、配管などの設備も一通り終わっている状態で借りられることがよくあります。居抜き物件は数が限られますが、スペースや立地で申し分ないものが見つかったら候補に入れると低予算でオフィス移転が実現できるでしょう。

賃貸借契約とは、貸主が賃借人に対して特定の物を貸し付け賃借人は貸主に対して賃料を支払う契約をいいます。