マイホームの満足度に大きな影響があるのは工務店

マイホームを建てるときに満足できたかどうかで大きな違いをもたらすのは工務店です。工務店によってオリジナルの雰囲気がある住宅を建てているので、その雰囲気が自分の想像に合っているかどうかは重要になります。住宅のコンセプトにも違いがあり、美しさ、機能性、環境調和性などの重視の仕方に大差があるのは覚えておきましょう。注文住宅を建てると決めたら、何よりもまず注文住宅を発注する工務店を比較検討することが大切です。

現物を見るのが最も簡単な比較方法

工務店によるマイホームの違いを比較するためにはコンセプトを学んだり、写真を眺めたりする方法もあります。しかし、最も手っ取り早いのは現物を見ることです。工務店に連絡して最近建てた注文住宅を見てみたいと伝えれば、日程調整を行っていくつかを見せて回ってくれます。家の外からだけでなく、モニターになっている人の家に入らせてもらって内部まで見学することができるので、マイホームの完成した姿が想像しやすいでしょう。

モニターへの質問で工務店を吟味

モニターになっている家に入って見させてもらえたときには、モニターと会話をする機会も与えてもらえるのが一般的です。工務店の担当者の立ち会いの下での話になるので不満点についてあまり明確に話をしてくれるモニターは多くないのは事実ですが、何が良かったかについてはよく説明してもらえるでしょう。理想的なマイホームを作る上で重要だと考えている点があれば、この場を利用して質問してみると工務店の吟味を行うことができます。

注文住宅と建売のそれとの最大の違いは、自由度の高さにあります。外観や内装、間取りに至るまで自分の意思を正確に反映させることが出来ます。