マンション経営で所得税の節税

マンション経営をすると所得税を節税できます。経営による所得がマイナスになっていれば損益通算を行って、他の仕事による所得から差し引くことができるからです。マンション経営では管理などに様々な経費がかかるため、家賃収入に対して必要経費が大きくなるように工夫をすれば課税所得が少なくなって、所得税の説芸を実現できるでしょう。それに応じて住民税も節税できるため、合わせてみると大きな節約につながる可能性があります、

相続税を減らせるマンション経営

マンション経営をすると相続性も減らすことができます。不動産の相続資産としての価値は時価ではなく評価額で試算されるのが特徴です。その金額がおよそ7割から8割になるため、現金で資産を持っているよりも課税対象額が低くできます。また、貸付を行っているときにはその部分について控除も認められているのが特徴であり、評価額を50%に減らせる可能性があるのです。マンションを購入して経営しておくのは遺族のためになると言えるでしょう。

節税目的のマンション経営の注意点

節税目的でマンション経営をするのは賢明な考え方ですが注意点もあります。節税をしていくら税金を減らせたとしても、実際のマンション経営が赤字になってしまっては元も子もありません。節税効果が資産のプラスになるようにするには経営をある程度意識しておく必要があります。賃貸経営を安定させて家賃収入をある程度確保できて初めて節税効果が役に立つと覚えておきましょう。その点が念頭から外れていると大損をするリスクがあります。

マンション経営のコツをつかむには、収益席の高いマンションやアパートの購入のタイミングを見逃さないことが重要です。