仲介手数料は最も抑えやすい初期費用

賃貸物件を借りるときには初期費用がかさんでしまいがちですよね。少しでも節約できるように賢く不動産会社と付き合うことが大切です。初期費用として仲介手数料は最も抑えやすいものであり、家賃の半月分が通常で、交渉次第で無料にもなると考えておきましょう。法律上では家賃一ヶ月分を上限として貸主と借主で半部ずつ支払うことになっています。あくまで上限なので一ヶ月分を必ず払わなければならないわけでもなく、また、借主が全額を支払う必要もないのです。

礼金も交渉次第で減らせる可能性が高い

賃貸物件によっては巨額の礼金を要求していることもあります。家賃で4ヶ月分前後を要求する物件も散見されるのが現状ですが、もともとこれは古き時代の名残だという認識をしておくと良いでしょう。今や賃貸物件は空きができて困る状況ができているため、礼金を支払わなければならない状況ではなくなってきています。交渉次第で減らしたり、なくしたりできる初期費用として積極的に不動産会社に交渉をお願いしてみるのが得策です。

クリーニング代などは本当に必要か

初期費用の中には前家賃や火災保険料などのように当然必要だと考えられる費用もある一方で、本当に払う必要があるのかと疑問に思えるものもあります。少しでも疑問に思ったら、払わなくても良いのではないかと不動産会社に聞いてみましょう。クリーニング代は代表的なものであり、本来は前の入居者が原状回復を適切に行っているならクリーニング済みのはずです。それでさらにクリーニングが必要かと聞いてみると、なしにしてもらえる場合もあります。

帯広の賃貸の魅力を知るために、若者の間で人気のある物件の間取りや築年数などを念入りに確認することが大事です。